FC2ブログ
ノーマルのスプロケット(40T)だとダートではちょっと使いにくい。
で、交換しようって話になるんだけど、ノーマルのチェーンのままサイズアップできる
最大の大きさのスプロケットはまあ42Tくらいになるわけです。
もちろんチェーンを交換すれば、45Tだろうが48Tだろうが付け放題なわけですが、
新車のチェーンを500kmしか走っていないのに交換するのはやはりためらうわけで、
あとはドライブスプロケットを1T落とすくらいで何とかしたいんですよね。

CRFはお財布にやさしいバイクですから、カスタムもお財布にやさしくいきたいですね。
アルミスプロもいいですが、林道ツーリングメインで考えると、やっぱりスチールです。
それでスチールスプロケットを出しているところを探すと、ダートフリークさんになるわけですが、考えることは皆同じみたいで、CRF発売と同時に42Tスチールスプロケットは長期欠品に・・・。

じゃあ、HONDA純正スプロケットで他車流用できないかって調べると、
XR600RとXR250R(なぜかME06)とCRM250Rが使えそうと判明。
(XR400Rや250R(ME08)のスプロなら中古いっぱいあるのに・・。)
ところがXR600と250はレーサーだから45Tからの設定しかない・・。
CRMもダメかもと思っていたら、42Tドンピシャでした!イェイ!
右がCRM。大きさはちょっと大きくなっただけ。だけど肉抜きはかっちょいい。



チェーンアジャスターのメモリが厳しい位置になるけど、なんとか大丈夫。


オフ車はこれくらいスプロケットは大きい方がやっぱりかっこいい。


あとは実際ダートを走ってみて、ドライブスプロケットをどうするか決めよう。

あー。メーターの速度は変わっちゃうんだよなぁ・・。

トラックバック
トラックバックURL
http://ridejam.blog69.fc2.com/tb.php/390-79c0d7b9


| ホーム |